初期ハゲの初期ハゲによる初期ハゲのための育毛

初期ハゲの育毛記


育毛の知識 育毛記

【ポラリス5ヶ月】飲み薬と塗り薬の効果と違い

2017年9月29日

ポラリスを使って5ヶ月経過してます。

まずは動画をご覧ください。

【動画】飲み薬と塗り薬の効果と違い

9分26秒の動画です。

動画の内容を下記に解説します。

【解説】飲み薬と塗り薬の効果と違い

飲み薬が普及してる理由

最近は薄毛改善の飲み薬が普及しています。

テレビでも良く取り上げられ聞いたことのある人も多いと思います。

ではなぜ飲み薬が普及してきているのか?

それは、飲み薬のが圧倒的に効くからです。

飲み薬のが効く理由

ではなぜ飲み薬のが効くのか?

それは、有効成分が体内に直接届くからです。

人間の体には皮膚というバリア機能があります。

塗り薬は頭皮という名のバリア機能の外から成分を届けようとしています。

塗り薬メーカー各社が競ってるのは、生えてくる成分に加え、いかに浸透させるか?という浸透力

バリア機能を壊さずにどれだけ浸透力を高められるか?という大きな課題があるのです。

一方飲み薬の場合、そのバリア機能に阻まれることはありません。

口から入り、血液に乗って直接届きます。

なら飲み薬飲めばよくね?

と思われますが僕は飲み薬を飲みません。

僕が飲み薬を飲まない理由

それはなぜか?

副作用が怖いからです。

(僕は免疫系の疾患を抱えており、人一倍副作用にシビアな体です。トホホ)

基本的に薬は、効果が高いほど副作用も強いです。

なので飲み薬は効果が高い分、塗り薬に加えて副作用が強いのです。

さらにそれが全身に効くので、どこに出るかがわからないといったリスクがあります。

それに対し塗り薬の副作用は、ほぼ塗ったところだけに限定されてます。

その分効果も塗ったところだけに限られますが、ハゲの場合は頭だけに効いてくれればいい!と思ってるので、僕は塗り薬を使っております。

健康面のリスクが全くない方は飲み薬という選択肢は大いにありですが、どんな副作用があるか?は把握しておいた方が良いでしょう。

万全を期すなら医師からの処方をお勧めします。

まとめ

  • 飲み薬は塗り薬よりも効く
  • 理由はバリア機能に阻まれないから
  • 効果が高いぶん副作用も強い
  • 自分の体と相談して使おう

僕みたいに健康面のリスクがある方や、飲み薬はちょっと怖いと思われる方、塗り薬で育毛していきましょう。

ポラリスは2017年09月に販売終了となり10月からは後継商品の「フォリックス」が販売開始となりました。「フォリックスって何?」と思われた方はこちらの記事をご覧ください

[/st-mybox]

次ページ
【ポラリス6ヶ月】フィナステリドの効果と副作用

目次1 動画【フィナステリドの効果と副作用】2 解説【フィナステリドの効果と副作用】2.1 日本皮膚 ...

続きを見る

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
ブログランキングに参加してます
「ポチッ」してもらえると
髪が生えてくる気がします
応援クリックお願いします
にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

柴田絢哉

25から薄くなり始め、30で周りから指摘を受け絶望した。そこから本気の育毛を開始し、40手前にしてソコソコの毛量を維持。初期ハゲでのケアがいかに重要かを噛みしめる今日この頃。共に頑張りましょう! 【YouTubeチャンネル:生え際の魔術師】

-育毛の知識, 育毛記
-,

Copyright© 初期ハゲの育毛記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.